hula2.jpg

★パウスカート生地 最新を探す→★
new topics
フラダンス 城由紀子の自宅でかんたんフラレッスン
2014.08.25

はじめてのパウスカート手作りvo2  ゴムト通しと仕上げ

はじめてのパウスカート手作りもいよいよ最後です。

初めから見たい人は
  ・はじめてのパウスカート作り ハワイ生地を探す
  ・丈デザインを決める
から


さて ゴムを入れていきましょう。

ゴムを入れる場所を縫います。パウスカートの難所はここです。

★まず、ゴム部分 脇の返し縫いの部分を開いて アイロンをかけ
上の部分を5mm巾で コの字に縫います。


写真(82).JPG


★脇の縫いどまりの位置から 上の部分を下にアイロンできちんと折ります。

下の位置に チャコペンシルで、線を書いていきます。(なければ鉛筆でも大丈夫)
長い定規があると便利です。

5本ゴムの想定の寸法です。

・上遊び部分 2cm

・ゴム部分 1.5cm
・ゴムとゴムの間部分 1.5cm  合計3cm

3cmを5箇所



パウゴム.bmp


ステッチはミシンについている押さえ金がある人は利用して
とにかく 距離が長いので 曲がらないように縫いましょう。

ミシンによって押さえパーツも売っています。




ゴム入れ口の部分は切れやすいので

縫い初めにはしないでください。  途中から縫い始め ゴム入れ部分は
返し縫をしておくと しっかり出来上がります。



裾は  10cmの縫い代を取りました。

万が一竹が気に入らなかったときに直せる様に大目です
★いよいよゴムいれです。


簡単ゴム通しの方法は こちらでも書きました

★最後にすそを縫います。
万が一丈が気に入らないときのために 多めにとってあります。

まず出来上がりに折ってマチ針で止め
はいて 確認してみましょうね。


長さを決めたら 三つ折して ステッチをかけたら出来上がりです


お疲れ様でした!




2014.08.19

はじめてのパウスカート手作りvo2   丈 デザインを決める

はじめてのパウスカート手作りvo2 2回目です。

パウスカートを作るとき 悩むのは 丈  ですね。

踊りによっても好みによっても 好きな長さが違ってきますし。
教室によって決まっているところもあります。

また 軽快な曲なら短いほうが素敵ですし、
落ち着いた曲なら眺めもよいですよね。
また、お店によってもはかりかたが違うので、いったいどの長さが合うのか迷うと思います。

まず、パウスカートは、腰ではくので
お店での
長さり方の基本は、ゴムの入った上のあまり部分から 裾までの長さを丈としています。
ただし、ギャザーが多くて膨らんだ分 丈が持ち上がるので、
生地の長さ-3cmくらいを表示してあるところもあります。

お店で買うときには、気をつけてみてみてくださいね。

標準の寸法は
身長
150p〜 66〜68
155p〜 68〜70
158p〜 70〜72
160p〜 72〜75
165p〜 75〜 

あくまで参考です。

悩んでいても進まないので、自分で決めてしまいましょう。

ここでは、総柄なので  柄の位置で悩む必要がありません。
ですので、裾上げを最後にして、

自分の目で確認してから、最後に
裾上げすると言う方法をとってみましょう。


さて、とりあえず丈が決まったら  

★生地に印を入れていきます。


なるべく長い定規が便利ですw

印は生地の裏に書くので チャコペンシルかなければ鉛筆でも良いでしょう。
生地の耳から、図りながら曲がらないように書いてください。


丈.jpg



★次に 生地の表を内側に二つにたたみます。
短い部分がわきになります。その一枚ずつにジグザグミシンをかけておきます。

★そして、図の位置で 二枚を縫い合わせます。
上の部分は返し縫をしておきます。


A5D1A5A6BADBC3C7.bmp


次回はいよいよゴムを入れていきます。

初めから見たい人は

はじめてのパウスカート作り ハワイ生地を探す

からみてくださいね
2014.08.12

はじめてのパウスカート手作りvo2   ハワイ生地を探す

パウスカートは、是非自分で手作りしておきたいもの。

好みや分量 丈やデザインもいろいろ選べるようになります。
ここでは、

本当に初めての方むけに、ひとつひとつ
パウスカートを作るための説明をしていきますね。

まず、
パウスカートを作る素材の探しかたから始めましょう!♪

パウスカートは、ハワイの花や柄がプリントされた
コットン×ポリエステルの生地  ポリコトンと呼ばれる生地で
大体出来ています。

柄は、片側にプリントが在るボーダー柄


総柄



グラデーションなどがありますね。



デザインは大きく分けて2つ

シングルパウと




柄と無地が二枚重ねになっているダブルのパウです。




まずはじめは、シンプルなシングルパウ。
そして、柄は難しく考えなくても良い 総柄を探してみましょう。

近くにハワイアンショップがある方は良いですが、
今やネットショッピングが基本かもしれません。

パウスカートの生地として、ポリコトンを探せば間違いないですし
柄も色も大きく見られるので、ぜひ、ネットで探してみましょう。

検索キーワードは  楽天ならば
★ハワイアンファブリック★が いいでしょう。
カテゴリーを 手芸クラフト生地にします。

ハワイ生地 とかハワイアン生地だと、コットン100%のインテリア生地や
キャシーさんのハワイアンキルトの生地が多く出てきてしまうので。

お店としたら
フラハワイさん
KAPALILIさん


白浜マリーナあたりが、ハワイからの直輸入の生地をそろえているので
選ぶのも楽しいですね。

一応品質表示に コットン ポリエステルになっているか
確認しましょう。


さて、総柄を選ぶことにしました。総柄とは、全体に満遍なく柄が入っているもの。
総柄でも、こんな風に斜めに柄が入っていたりすると
ちょっと玄人風で素敵です。



で、ここで気をつけたいのが、長さ。
ハワイでは、生地はヤード単位で買います。
1ヤード(yard)はこの図にあるように91.44cm。
パウスカートは4ヤードか、5ヤードで作ります。
通常4ヤードですが、サイズの大きな方、ボリュームを多くして
ゴージャスな雰囲気にしたい方は 5ヤードで作ります。

上に上げたようなショップはみんな 1ヤード単位で売られていますから
そのまま数量は4か、5にするといいでしょう。

ですが、たまに メーター単位でうっているところがあります。
そのときは気をつけて計算して3.5mまたは4mなどで買ってくださいね。

さあ、では、ハワイアンファブリックを探しに行きましょう!










次回はいよいよ縫う準備をしていきます。お楽しみに!
2014.08.08

激安!パウスカート2980円の力  夏の補充に!

まさに
フラのシーズンですが、
このに本は本当に暑い!!

パウスカートも 洗い替えが必須ですね
(パウスカートも洗ってよいんですよ  っていうか
ウェストがぐっしょりしたものを また乾かして履くのは、
やはり美しくない。何より衛生上良くないです)

パウの洗う話はともかく(ハラウや言い伝えも様々ですので)

この夏  2980円のパウが、数多く出ています。
カラーや柄も豊富なので、一度チェックしておきたいですね。











ただやはり、
おススメは、自分でパウスカートを作ることですね。

そして、出来れば  5ヤード(4.5M)で、ボリュームたっぷりに。

1M  800円ならば、3600円で出来ますよね。
お気に入りのハワイ生地で、愛着もわいて
やはり おススメです。

このサイトでも、作り方を紹介していますが、
あらためて、次回から、パウスカートを作るときの生地の選び方から
書いていきますね。

お楽しみに♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。